image

何故新築なのか?

新築というのは、やはり多くの人、家族にとっては一つの夢とも言える存在なのではないでしょうか。衣食住の一翼を担う中でも、住宅というものはことさら高額であり、ことさらこだわるとキリのないものであり、ことさら失敗しても取り返しのつきにくいものであるとういことがいえるのではないかと思います。とくに住宅を購入するということは、賃貸で借りて住むというのとはワケが違い、なんといっても一生を左右する問題のうちのひとつです。
さて、そんな住宅についてですが、日本においては一つの根強い思想というものがあります。それは、新築至上主義と呼ばれるものであるでしょう。日本は、そもそも住宅にかぎったことではなく、様々な分野において中古品というものをあまり好かない傾向にあるのではないかと思います。理由としては様々なものがあるのではないかと思いますが、他人の手がついているものが嫌であるというような心理的な要因から、実際に中古品を買って失敗したというような実体験的要因まで、その傾向というのは多岐に渡っているということがいえるのではないかと思います。
さて、ではこの中古住宅というものがあまり好かれていない理由としては何があるのか?その理由というのは、この2つのいずれでもありません。これは、体裁的な理由による部分が大きいのではないかと思います。というのも、ジェンダーの先生に怒られてしまいそうですが、男子たるもの家を立てて初めて一人前であるというような価値観が、この日本においては長い時代にわたって存在しており、それがいまの時代においてもかなり継続しているというのが、この最大の理由であるように感じす。
そんな状況において、最近では新築に見えるように改装する中古住宅というものも増えてきたものの、やはり新築から選びたいという人か多いのではないでしょうか。ここではそんな人達のために、新築で一戸建てを購入するためのちょっとした手引きというものを紹介し、少しでも助力できればいいなと思います。